当園のご案内
保育理念 子育て支援 施設案内 入園案内・手続き

保育理念

社会福祉法人、後人社の運営する保育園は、児童福祉法に基づき、「保育に欠ける」乳幼児の保育を行います。

●保育にあたっては、子どもの人権や、主体性を尊重します。
●児童の最善の幸福の為に、保護者や地域社会と力を合わせます。
●働く女性の就労を理解して、安心して預けられる施設作りに努めます。
●地域にも広くかかわり、地域における家族援助をおこないます。
●職員は、豊かな愛情を持って接し、保育向上の為、努力研鑚します。


”三つ子の魂百まで”という言葉が昔から言い伝えられていますように、子どもたちにとって、保育園時代はとても大切な時代です。
子どもたちを両腕に抱えて、十分な愛情でいつくしみ保護しながら、しかし、一方では、いつでも、どんな時でも、どんな環境の中でも自分自身を見失わず、自分らしさを持ち更には、集団の中に埋もれず、輝くことができる子どもたちである事を願っています。


  創立者佐藤千恵子の保育園にかけたねがい
佐藤千恵子さん

昭和45年、高度経済成長の時代、働くお母さんが急激に増えました。
そういう時代の中で、「安心して子どもたちを預けられる保育園」、を求めるお母さんの声が高まりました。その働くお母さんの期待にこたえて、若草保育園は生まれました。
創立以来、様々な方法で保育を進め、模索していく中で、初代園長の佐藤千恵子は、「何事も自分から進んでやる子ども」、を育てることこそが、一番大事なこと、という結論に達しました。

初代園長佐藤千恵子の急逝から、20年を経た今日の時代においても、「何ごとも、自分から進んでやる子ども」を育てることは必要なことです。
今、子どもたちをとりまく環境は、複雑多様化しています。世界情勢も混沌とし、不安を抱えている時代です。このような時代の今こそ、「何ごとも、自分から進んでやる子ども」を育てることが、重要課題だと思われます。

 


保育目標
何事も、自分から進んでやる子ども

トップページ
当園のご案内
笑顔の報告
行事カレンダー
誕生日会への取組み
子育て相談室
先生のページ
ご要望に対する対応
個人情報保護について
 
保育園の歴史・沿革
若草保育園設立の経緯
昭和44年11月 社会福祉法人「後人社」設立認可
初代理事長 佐藤千恵子
初代園 長 佐藤千恵子
昭和45年 4月1日 若草保育園を開設
所在地 静岡市駿河区西脇636
定員 60名
敷地面積 1,235.26u
昭和49年 4月 定員120名に変更
昭和55年 7月 園長 仲田せき 就任
昭和56年 5月 理事長 佐藤一郎 就任
平成 2年 5月 理事長 佐藤義郎 就任
平成 4年 4月 園長 佐藤義郎 就任
平成 6年 4月 園長 胸組やす子 就任
平成14年 3月 新園舎完成
敷地面積 1,235,26u
延べ面積 950.54u
1階 429.00u
2階 416.98u
平成15年 4月 園長 木村緯歩子 就任
平成23年 4月 園長 佐藤義郎 就任
平成24年 5月 理事長 佐藤徹郎 就任
平成24年 5月 園長 大蔵彩子 就任


お誕生日会への取組み

《若草の子どもたち、ロマンがいっぱいの活動をしています。》

毎月、若草保育園では、その月に生まれた子ども達の誕生日会を計画します。
その誕生日会は、保育士たちがそれぞれの月の担当を決めて、「今月はどのように進めようか?!」 と企画を練ります。
どの保育士も、この誕生日会には力を入れています。それは、

● 自分が生まれた月を特別に感じて、大事にする感性を育てたい。
● 自分が生まれた月を大好きになるような、思い出に残る誕生日会にしたい。

という、ねらいがあります。
このようなねらいのもと、担当の保育士は企画を考え、保育士と全園児みんなで、心を一つにして誕生児を祝ってあげる、そんな誕生日会にしています。

4月 色とりどりの春の誕生会 5月 バスに乗って動物園に行こう!
4月 春の歌いっぱいの誕生会
春のクイズでたくさん春を見つけました。
春は色とりどりの花や
動物がいっぱいです。
若草っ子のクラスの帽子も色々な色。
みんなでお花をみつけに
春の道を散歩しました。
四月生まれのおともだち、おめでとう!
5月 動物たちがお祝いに来てくれました
シルエットでクイズ!!この子はだれかな?
5月の誕生児たちが正解です。
次に動物当てに挑戦しました。
キリンやゾウ・ペリカンは
ちょっと難しかったけれどみごとに正解!
動物園の動物や、
ゆり組さんがつくった動物たちも、
誕生会にやって来てくれました。
6月 雨音が聞こえる誕生会 7月 海からの贈りもの
6月 雨音が聴こえる誕生会
雨降りで、 外遊びができなくて
がっかりしている保育士に、
長ぐつ、カッパ姿に傘をさした誕生児たちが、
一緒にあそぼうと誘いにやってきました。
雨の日にも楽しいことがいっぱいです。
雨ふりくまのこもやってきて、
みんながつくった色水が
虹の橋になりました。
7月 海からの贈り物
夏はプール・海、そして
トマトやピーマン、なすなど夏野菜の収穫など
楽しみがいっぱいです。
「なつのおとずれ」のお話を
先生が読んでくれました。
夏は他にもうれしいことがたくさんあります。
今日は海の王様から
7月生まれのおともだちに贈りものが
届きました。
若草っ子たちも海の世界であそびました。
8月 誕生日会 9月お月見とお団子
8月 夏の楽しさいっぱいの誕生会
旅行カバンの中には
夏の思い出がいっぱいです。
ひとつひとつ先生が見せてくれました。
子どもたちも夏を振り返って、
年少さんは「トマト」、
年中さんは「ひまわり」を
歌ってくれました。
そして、8月生まれの誕生児のために、
年長のゆりぐみさんが
素敵なダンスをプレゼント。
スイカ割の大声援で盛り上がった最後に、
みんなで「スイミー」のお話を
静かに聴いて、夏を満喫しました。
9月 虫の音楽会

秋の風が吹いてきて、
保育士扮するコオロギさんが
9月生まれのお友だちと一緒に
楽器を演奏しました。
月夜の音楽会は
全員でにぎやかに行われました。
りんごや栗、ぶどうにさつま芋、
実りの秋は子どもたちの心も
豊かにしてくれるようです。

10月 ハロウィン帽子がステキでしょ! 11月 若草神社で七五三のお祝い
10月 さつま芋を割ってみると中から…
10月といえば…
食欲の秋、スポーツの秋、
そして読書の秋です。
誕生児が組体操をみせてくれたり、
絵本をみんなに読んでくれました。
芋掘り、どんぐりひろい、
遠足が楽しみです。
先生から葉っぱがきれいに色づく
季節のことを教えてもらいました。
最後にみんなが見つけたつるを引っぱると、
大きなカボチャが登場!
ハロウィンパーティーです☆
11月 若草神社で七五三のお祝い
11月の誕生児たちは
若草神社で七五三のお祝いをしました。
記念撮影は鳥居の前で「コアラのマーチ!」
カメラマンは園児みんなです。
鳥居の向こうでは
秋の楽しみがいっぱいです。
焚き火でお芋が焼けました。
今日のおやつはカボチャクッキーを
みんなで作りましょう!
12月 星のクリスマス 1月 雪の精から手紙が届いたよ
12月 サンタの世界をのぞいてみたら…
12月の誕生児が若草保育園のツリーに
キラキラ輝く飾りつけをしてくれました。
サンタさんは今どうしてるのかな?
絵本の世界をみんなでのぞいてみたら、
サンタさんは忙しそうに
プレゼントの準備中。
するとサンタさんから
若草っ子たちへお手紙が届きました。
みんなが良い子でいるか、
サンタさんは見に来てくれていたようです。
1月 キラキラ白い雪の誕生会
雪の精からの手紙を、 小さな郵便屋さんが
1月生まれのお友だちへ届けてくれました。
手紙をみんなで読み、
雪の結晶をたどって歩いてみると
雪の世界が広がっていてビックリ!
そして子どもたちが寝転ぶと
空からヒラヒラと雪が舞い落ちてきました。
雪の精が運んできてくれた雪の世界を
満喫する子どもたちでした。
2月 冬から春へ 森の中に春がやってきた 3月 桜が咲いたよ!!春がいっぱい誕生会
2月 冬から春へ 森の中に春がやってきた
森のくまさんは冬眠中ですが、
近づく春に少し目覚めながら
2月生まれの子どもたち扮する
北きつねやたぬきさんたちに
森の動物たちの様子を
こっそり話してくれました。
若草保育園にも春が近づいています。
雪の中から
とてもいい香りの春の花が
咲き始めたことに、
誕生児たちも気づきました。

3月 桜が咲いたよ!!
春がいっぱい誕生会

3月は近所の河津桜をみに
若草っ子たちはお散歩に出掛けました。
春のうたをたくさん歌って、
色とりどりの草花や芽吹きを身近に感じ、
3月の誕生児が
冬眠から覚めた動物に扮して
みんなでお祝いしました。
来月はみんなひとつ進級です。


ページ上部に戻る